SkyDriveにフォルダごとアップロードできるSDExplorerの使い方

オンラインストレージのSkyDriveを外付けハードディスクのようにできるSDExplorerをインストールした時の記録と簡単な使い方解説です。

概要

SkyDrive と SDExplorer

SkyDrive自体について

  1. マイクロソフトが提供しているオンラインストレージサービスです。

  2. 通常はブラウザでファイルをアップロードします。

  3. 1つのアカウントにつき、最大7GBまでファイルを保存できます。2012年4月22日までに作成していたアカウントは25GBまで保存できます。

  4. 1つのファイルの大きさは300MBまでです。ちなみに、2011年6月20日までは50MBまで、2012年4月24日までは100MBでした。

  5. ファイルを複数同時にアップロードできますが、フォルダをアップロードすることはできません。SkyDrive内でのフォルダ作成は可能です。

  6. 詳細は後述のリンクから確認できます。

SDExplorer を利用するメリット

Windows 8/7/Vistaユーザーなら、SkyDriveアプリを使うほうがメリットがあるかも知れません。Windows XPユーザーのメリットを述べます。

  1. ファイルのみならず、フォルダごとアップロードできます。ブラウザだけでは不可能だったことができるようになります。

  2. フォルダ分けされた大量のファイルをアップロードする際に、SDExplorerは大変役に立ちます。

  3. 有料版を使えば、300MBを超えるファイルもアップロード可能です。

SDExplorerの仕様

無料版と有料版があります。有料版は無料版ではできないこともできます。詳細はProduct Comparison Table(SDExplorer公式サイトの一覧:英語)で確認できます。

無料版でできること

できることの要約

  1. パソコン内のファイルやフォルダをSkyDriveと双方向でコピー(アップロードやダウンロード)できます。また、SkyDrive内のファイルやフォルダの削除や名前変更もできます。

できること一覧

    1. SkyDriveとの安全な接続SkyDrive secure connection
    2. ファイルやフォルダの閲覧Browse files and folders
    3. 新規フォルダの作成Create new folders
    4. SkyDriveへのファイルやフォルダのアップロードCopy files and folders to SkyDrive
    5. ドラッグとドロップによる操作Drag & drop support
    6. ファイル名やフォルダ名の変更Rename files and folders
    7. SkyDriveからのファイルやフォルダのダウンロードCopy files and folders from SkyDrive
    8. ファイルやフォルダの削除Delete files and folders
    9. 「SDExplorer」自体の名前変更Rename the "SDExplorer" root folder
    10. SkyDrive内のフォルダへのリンク作成Create links to SkyDrive folders
    11. 言語選択Preferred language selection
    12. アップグレードが可能な場合の通知Notification of new version availability

有料版でのみできること

有料版では上述の無料版でできることに加えて次のことができます。なお、有料版を使っていないので、英語をこんな感じかな程度で訳しただけの一覧です。

    1. SkyDrive内のファイルを直接開くOpen files directly from SkyDrive
    2. SkyDrive内でのファイルやフォルダの移動Move files and folders within SkyDrive
    3. バックグラウンドでの大きなファイルのダウンロードDownloading a large file in background
    4. Change folder content type
    5. Folder share mode indication
    6. 100MBを超えるファイルもアップロードやダウンロードが可能Support for files greater than 100 MB
    7. 選択したファイルなどのショートカットリンクをクリップボードへコピーCopy shortcuts to selected objects to the Clipboard
    8. 自分のSkyDrive以外の公開されたフォルダの閲覧Browsing of public folders and files of other SkyDrive users in the guest mode
    9. アップロード時のファイルネーム重複の調整Resolving filename conflicts during uploads to Skydrive
    10. zip形式でのフォルダのダウンロードDownload a folder as a .zip file
    11. ブラウザ(IE7以上)でのOffice製品のファイル編集Edit in Browser(for Windows Live Office™ documents only)With IE7 or higher installed
    12. 右クリックで「送る」機能'Send to' command support
    13. Windows Liveのドキュメントの閲覧Browsing of Windows Live Groups documents
    14. バックグラウンドでのアップロードBackground Uploading to SkyDrive

SkyDriveの仕様上不可能なこと

SDExplorer公式サイトの英語を適当に意訳しました。多少の間違いや省略がありますが、だいたいの感じが伝わると幸いです。

要するに、同期できないことと複数のユーザでの使用には向かないことなどが書かれています。

  1. 今のところ、SkyDrive内のファイルと自分のパソコン内のファイルとの同期はできません。SkyDrive自体が同期できるように作られていません。SkyDriveはオンラインストレージとして25GBを利用できます。同期できるオンラインストレージを希望するなら、Windows Live Mesh™を見てください。

    SDExplorer cannot synchronize files between the SkyDrive online storage and your computer. At least for now. The issue is that the whole concept of the service doesn't intend any synchronization. SkyDrive is your personal 25 GB in the online data-storage. If you want an online storage that allows synchronization, please take a look at Windows Live Mesh™.
  2. SDExplorerはSkyDrive内のドキュメントを複数のユーザが協力しての編集はできません。たとえば、複数のユーザが同じファイルを開くことはできますが、複数のユーザがそのファイルを編集してアップロードしたとしても、最後にアップロードしたユーザのバージョンだけが残ります。

    SDExplorer doesn't support multi-user concurrent work with documents at SkyDrive. For instance, while working with SDExplorer several users can open the same file, but only the last version of that file, saved by a user who uploaded it last, will persist in the online storage. The correct team-work with documents with the ability to see changes made by other users in real-time is only possible with native Windows Live formats, like Word, Excel, PowerPoint and OneNote.
  3. SDExplorerは、次のようなSkyDrive自体の制限を越えられません。

    • 容量ゼロのファイルを作成すること。
    • 9階層を超えるフォルダのネスト。
    • ファイル作成日や変更日の管理。
    SDExplorer cannot break the limitations of the SkyDrive system: create zero-size files, create subfolders over the 9 levels of nesting, and manage file creation and modification dates.

SDExplorerの導入

ダウンロード

  1. SDExplorerのサイトから無料版のBaseをダウンロードします。

    sdexplorer-download.png
  2. ダウンロードし始める前にブラウザによる警告が出ますが、 保存 をクリックしダウンロードします。

    sdexplorer-download-2.png
  3. 無事にダウンロードできました。

    sdexplorer-download-3.png

インストール

  1. インストールする前に、念の為にシステムの復元で「復元ポイントの作成」をしておきます。(不要な場合はこの作業はとばしてください)

    sdexplorer-installation.png
    sdexplorer-installation-2.png
  2. 先ほどダウンロードしたsdexplorer31_setup.exeをダブルクリックします。

    sdexplorer-installation-3.png
  3. セキュリティの警告が出ますが、 実行(R) をクリックします。

    sdexplorer-installation-4.png
  4.  Next > をクリックします。

    sdexplorer-installation-5.png
  5. License Agreementを一読し、同意できるならI accept the agreementを選択し、 Next > をクリックします。

    sdexplorer-installation-6.png
  6. SDExplorer をインストール先がデフォルト設定でよければ、 Next > をクリックします。インストール先を変更する場合は、先に Browse... で選択できます。

    sdexplorer-installation-7.png
  7.  Install をクリックします。

    sdexplorer-installation-8.png
  8.  Next > をクリックします。

    sdexplorer-installation-9.png
  9.  Finish をクリックします。

    sdexplorer-installation-10.png
  10. Readme.txtが開きますので、一読後閉じます。

    sdexplorer-installation-11.png

ログイン(SkyDriveとの接続確認)

  1. マイコンピュータを開くと、SDExplorer が追加されています。

    sdexplorer-login.png
  2. SDExplorer をダブルクリックするとログイン画面が開きます。Windows Live IDをhotmail.comもしくはlive.jpまで省略せずに入力します。

    sdexplorer-login-3.png
  3. @マークの左側部分だけ入力してログインしようとすると、次のようなエラー画面が表示されます。

    sdexplorer-login-5.png
  4. ログインすると、SkyDrive内のフォルダやファイルがまるで自分のパソコン内にあるかのように閲覧できます。

    1. マイコンピュータ直下にSDExplorerが追加されています。
    2. 先程はなかったサインアウト言語のボタンがあります。
    sdexplorer-login-4.png
  5. フォルダ構成などが同じであるかをブラウザからもログインして確認しました。

    sdexplorer-login-2.png

SDExplorerの使い方

新規フォルダの作成

  1. SDExplorer 内で右クリックします。新規作成(W)をポイントすると右にでてくるフォルダ(F)をクリックします。

    sdexplorer-test.png
  2. フォルダ名を入力し、 OK をクリックします。

    sdexplorer-test-2.png
  3. 新しいフォルダが追加されました。

    sdexplorer-test-3.png
  4. ブラウザからも確認できました。

    sdexplorer-test-4.png

ファイルやフォルダをアップロード

  1. ブラウザからはできないフォルダごとアップロードをしてみます。次のとおり、フォルダを3階層用意しました。

    • 親フォルダ
      • 子フォルダ
        • 孫フォルダ
          • 曾孫.txt
        • 孫1.txt
        • 孫2.txt
        • 孫3.txt
      • 子1.txt
      • 子2.txt
    • 親.txt

    ルートに親フォルダと親.txtがあり、親フォルダの中に子フォルダ・子1.txt・子2.txtがあり、子フォルダの中に孫フォルダ・孫1.txt・孫2.txt・孫3.txtがあり、孫フォルダに曾孫.txtがある、という意味です。

  2. 親フォルダと親.txtをSDExplorerにドラッグしドロップしました。

    sdexplorer-test-8.png
  3. フォルダごと無事にコピー(アップロード)されています。

    sdexplorer-test-9.png
    sdexplorer-test-10.png
  4. 無事にフォルダごとアップロードされました。

    sdexplorer-test-11.png
  5. フォルダ内も全て確認できました。

    sdexplorer-test-16.png
    sdexplorer-test-17.png
    sdexplorer-test-18.png
  6. ブラウザからも確認できました。

    sdexplorer-test-12.png
    sdexplorer-test-13.png
    sdexplorer-test-14.png
    sdexplorer-test-15.png
  7. ちなみに、SDExplorerからファイルを開いてみようとしましたが、無料版SDExplorerでは次のエラーメッセージが出てきてファイルを開けませんでした。

    sdexplorer-test-19.png

ファイル名やフォルダ名の変更

  1. 名前を変更したいファイルやフォルダを右クリックし、名前の変更(M)をクリックします。

    sdexplorer-rename.png
  2. 元の名前が反転されますので、新しい名前を入力します。この操作も自分のパソコン内での名前変更と同じように行え、オンラインストレージ内の操作だとは思えないです。

    sdexplorer-rename-2.png
  3. 「親」から「テキスト」への名前変更が完了しました。

    sdexplorer-rename-3.png
  4. ブラウザでも名前変更を確認できます。

    sdexplorer-rename-4.png

SkyDriveからのファイルやフォルダのダウンロード

  1. 先ほど名前変更したSDExplorer内の「テキスト」を自分のパソコン内のEドライブへダウンロードします。ドラッグアンドドロップでできます。

    sdexplorer-drag.png
  2. ファイル容量が小さいこともあり、一瞬でダウンロードできました。

    sdexplorer-drag-2.png

ファイルやフォルダの削除

  1. 削除したいファイルやフォルダを右クリックし、削除(D)をクリックします。

    sdexplorer-delete.png
  2. 確認メッセージが表示されますので、 はい(Y) をクリックします。

    sdexplorer-delete-2.png
  3. 選択したファイルが一瞬で削除されました。

    sdexplorer-delete-3.png
  4. ブラウザでも確認すると、確かに選択したファイルが削除されていました。

    sdexplorer-delete-4.png

「SDExplorer」自体の名前変更

  1. 「SDExplorer」を右クリックし、名前の変更(M)をクリックします。

    sdexplorer-rename-sde.png
  2. 元の名前が反転されますので、新しい名前を入力します。

    sdexplorer-rename-sde-2.png
  3. すぐに変更されました。

    sdexplorer-rename-sde-3.png
  4. また、ローカルディスクのような名前にも変更できます。

    sdexplorer-rename-sde-4.png

SkyDrive内のフォルダへのリンク作成

  1. ショートカットを作成したいフォルダを右クリックし、 ショートカットの作成(S) をクリックします。

    sdexplorer-shortcut.png
  2. デスクトップにショートカットが作成されてもいいなら はい(Y) をクリックします。

    sdexplorer-shortcut-2.png
  3. デスクトップにショートカットが作成されました。ショートカットをダブルクリックすると、きちんとフォルダが開かれます。

    1. ショートカットを右クリックし、プロパティを確認できます。
    2. 先ほど指定したフォルダへのショートカットパスも確認できます。
    sdexplorer-shortcut-3.png
  4. ちなみに、ショートカットをデスクトップから別の任意のフォルダ内に移動させても、ショートカットはきちんと機能します。

    sdexplorer-shortcut-4.png

言語選択

  1. 複数の言語から選択できます。

    1. SDExplorer内で
    2. 右上の方に表示される言語をクリックします。
    sdexplorer-login-4.png
  2. 次の画面が表示され言語を選択できます。

    sdexplorer-language.png

アップグレードが可能な場合の通知

  1. SDExplorerの更新バージョンがリリースされると通知される機能があります。通知されるだけです。通知メッセージにSDExplorerのサイトへのリンクがあります。自分でアップデートする方法は後述します。

    sdexplorer-update.png
  2. ちなみに、現在のバージョンを確認する方法は次のとおりです。SDExplorer内でファイルやフォルダ以外の場所で右クリックし、SDExplorer Base のバージョン情報をクリックします。

    sdexplorer-version-check.png
  3. 次のウィンドウが開きバージョンを確認できます。

    sdexplorer-version-check-2.png

サインアウトの仕方

  1. エクスプローラーでサインアウトできます。

    1. SDExplorer内で
    2. 右上の方に表示されるサインアウトをクリックします。
    sdexplorer-login-4.png
  2. 確認されますので、 はい(Y) をクリックします。

    sdexplorer-signout.png

SDExplorerのアップグレード

  1. SDExplorerの更新バージョンの通知後、サイトから更新版のインストーラーをダウンロードします。

    sdexplorer-update.png
  2. 新たにダウンロードしたsdexplorer31_setup.exeをダブルクリックします。

    sdexplorer-installation-3.png
  3.  Next > をクリックします。

    sdexplorer-installation-5.png
  4. 旧バージョンをアンストールしてから、新しいバージョンをインストールする仕様です。 OK をクリックします。

    sdexplorer-update-2.png
  5. 初めてインストールした時と同様にインストールを進めていくと、再起動するように促されます。(2012年4月1日追記:3.1.0.483から3.1.0.484へのアップデートの際は、再起動の必要性はありませんでした。)

    sdexplorer-update-3.png
  6. 再起動後、もう一度sdexplorer31_setup.exeをダブルクリックするところから始め、インストールするとアップグレード完了です。

    sdexplorer-update-5.png

エラー

アカウントのセキュリティ情報を追加してください。

このエラーに関する部分は2012年7月8日に追記しました。

  1. SDExplorerを3.1.0.488にアップデート後、SDExplorerを使用しようとすると次のエラーダイアログが出ました。

    アカウントのセキュリティ情報を追加してください。
    sdexplorer-3.1.0.488-1.png
  2. 上記エラー表示の直後にIEで次のページが開きました。連絡用メールアドレスを入力し、 保存 をクリックしました。

    sdexplorer-3.1.0.488-2.png
  3. メールアドレスが登録されたのを確認し、 完了 をクリックしました。

    sdexplorer-3.1.0.488-3.png
  4. 以上で、アカウントのセキュリティ情報を追加してください。というエラーは出なくなり、SDExplorerを普通に利用できるようになりました。

雑感(SDExplorerをインストールするに至った経緯)

  1. 当サイト管理人はずっとブラウザからアップロードしていました。以前からSDExplorerを知っていましたが、余計なソフトウェアをインストールしたくなかったので使わずじまいでした(ポータブル版があれば即利用していたと思います。)

  2. フォルダごとアップロードできる機能があるとは思っていませんでしたので、これを知れたことがインストールする大きなきっかけになりました。

  3. また、2011年11月頃にSkyDriveの仕様が変わり、ドラッグアンドドロップでアップロードするのに必須であったSilverlightが不要になりました。よって、Silverlightをアンインストールし、代わりにSDExplorerをインストールすることにしました。

    delete-silverlight.png
    delete-silverlight-2.png
    delete-silverlight-3.png
    delete-silverlight-4.png
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...   --─-  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
    :::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..   (___ )(___ ) ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
    :. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::: _ i/ = =ヽi :::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
    :::: :::::::::.....:☆彡::::   //[||    」  ||]  ::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
     :::::::::::::::::: . . . ..: :::: / ヘ | |  ____,ヽ | | :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
    ::::::...゜ . .:::::::::  /ヽ ノ    ヽ__/  ....... . .::::::::::::........ ..::::
    :.... .... .. .     く  /     三三三∠⌒>:.... .... .. .:.... .... ..
    :.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
    :.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
    ... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝありがとう、Silverlight…
    ....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
    ..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
    ...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
      三三  三三  三三   三三
     三三  三三  三三   三三

リンク

他サイトの参考になるページへのリンクです。日付は各ページの公開日もしくは最終更新日です(2012年1月現在)。ありがとうございます。

SkyDrive公式サイト

SkyDrive(マイクロソフト)の公式ページ一覧です。

ボランティアサイト

ボランティアで丁寧な解説をしてくれているサイト一覧です。当サイトでは言及していないことも書かれています。