USBメモリやSDカードで「受け側のドライブのディスクがいっぱいです。」

USBメモリやSDカードで、空き容量がたくさんあるのに受け側のドライブのディスクがいっぱいです。新しいディスクを挿入してください。エラーが出て、書き込めない(コピーできない)場合の対処方法です。

状況:USBメモリやSDカードにコピーしようとした

  1. USBメモリやSDカードに25GBのファイルをコピーしようとしたら、次のエラーが出ました。

    受け側のドライブのディスクがいっぱいです。
    新しいディスクを挿入してください。
    fat32-ntfs-1.png
  2. エラーメッセージにはディスクがいっぱいと書かれていますが、空き容量は十分にあります。

    fat32-ntfs-2.png

原因:FAT32でフォーマットされているから

  1. ファイル システムFAT32だと、4GBを超えるファイルを認識できません。ファイルシステムは、USBメモリやSDカードのプロパティで確認できます。

    fat32-ntfs-3.png

対処:NTFSにフォーマットしなおす

  1. ファイルシステムを4GB制限のないNTFSにフォーマットしなおします。

    1. USBメモリやSDカードのドライブを右クリックします。
    2. 出てきたプルダウンメニューのフォーマット(A)をクリックします。
    fat32-ntfs-5.png
  2. NTFSを選択後、 開始(S) をクリックします。NTFSを選択できない場合の対処方法は後述しています。

    fat32-ntfs-6.png
  3. 次の警告がでます。了解なら OK をクリックします。

    警告: フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが消去されます。
    ディスクをフォーマットするには [OK] を、終了する場合は [キャンセル] をクリックしてください。
    fat32-ntfs-7.png
  4. フォーマット中です。

    fat32-ntfs-8.png
  5. およそ2分程度で完了しました。

    fat32-ntfs-9.png
  6. きちんとNTFSに変更されました。

    fat32-ntfs-10.png
  7. 以上で、4GBを超えるファイルもコピーできるようになりました。

  8. ついでに次の部分のチェックを外しておきました。チェックが付いていないほうがOSに余計な負担がかからないからです。

    • ドライブを圧縮してディスク容量を空ける(C)
    • このディスクにインデックスを付け、ファイル検索を速くする(I)
    fat32-ntfs-11.png

NTFSを選択できない場合

  1. まず、USBメモリやSDカードをパソコンに接続していない状態で、CドライブかDドライブのプロパティのハードウェアタブを確認します。下図ではHitachi~略の1つしかありません。 OK をクリックし、閉じます。(当環境では1つなだけであって、外付けHDDなどを接続していたりすればもっと多いと思います。)

    fat32-ntfs-12.png
  2. 次に、USBメモリやSDカードをパソコンに接続して、CドライブかDドライブのプロパティのハードウェアタブを再度確認します。先ほどよりも増えています。増えたのを選択し、 プロパティ(R) をクリックします。1つが2つに増えたのなら一目瞭然です。しかし、5つを超えるぐらいからは1つ増えてもすぐには分かりにくいです。最初の状態をメモるなり、キャプチャーするなりした方がいいかもしれません。

    fat32-ntfs-13.png
  3. ポリシータブのパフォーマンスのために最適化する(P)を選択し、 OK をクリックします。また、最初のダイアログボックスも OK をクリックして閉じます。

    fat32-ntfs-14.png
  4. 以上でNTFSを選択できるようになります。

補足

  1. NTFSにフォーマットすると、デジカメなどでは認識しなくなる場合があります。パソコンでのみSDカードを使う場合にNTFSに変換した方がいいでしょう。